航空チケットを予約する時の座席の選び方

飛行機に乗る時にはさっと予約をして購入するような印象がありますが、座席を指定する事が出来る事をご存知でしょうか。
飛行機にも通路側と窓際がありますが、どちらの方が良いと言った選択の仕方などはあるのでしょうか。

飛行機の座席の特徴

飛行機にも窓際、通路側、前方、後方、非常口座席などがあります。
通常なら、ある程度の座席の指定は出来るはずですが、格安航空券の場合だと、制限がある事も珍しくはありません。

格安航空券だから条件の悪い席、と言うわけではありませんが、指定されている事が多いと言う事です。
飛行機の座席は、それぞれに一長一短です。

窓際の席は景色が見えて飛行機の旅を満喫できますが、通路に出る時には通路側の人にひと言断ってよけながら出なくてはいけない事がほとんどです。

通路側の席は、景色は遠目に見えますが、窓際ほど良く見えるわけではないです。
その代わりトイレに行くときなどはすぐに通路に出られるし、足を伸ばしやすい事が多くあります。

前方の席は、離着陸の時の出入りがスムーズで比較的揺れが少ないです。
多少人気になる傾向があります。

後方の席は、トイレに近い事や、ドリンクなどが優先的に配布される事がありますが、格安のツアーの団体などは後方の席に集められる事があります。

非常口座席は自分の席の前にシートがありません。
そのため足を伸ばせる事が多いですが、緊急時には脱出の妨げにならないようにしなければならない他、余裕があればその手伝いをする事になります。


飛行機の座席選びは好みによるところが大きい

航空チケットを予約する時に座席の指定が出来るならその時にしっかりと指定しておく事がおすすめです。
ある意味そのための予約と言う事ですから、航空チケットは早めに予約する事が良いです。

座席の良し悪しは好みによるところが大きくなりますが、自分の用途によって選ぶ、好みによって選ぶ、と言うのが無難ですし、選べない場合は我慢しなければなりません。

lccの注意点と仕組みTOP