飛行機の遅延や欠航に関する保険の加入について

飛行機を利用する時に、いろいろな不安がありますが、その中でも良くありがちなものは遅延や欠航です。
これは格安航空券で飛行機を利用する場合でも例外ではなくて、どのような航空チケットを購入した場合でも可能性があります。

こうした事態に備えて保険があると言われていますが、それはどんな保険なのでしょうか。

格安航空券の場合でも必要になる保険

飛行機の遅延や欠航に対する補償を備えるには、基本的には保険に加入する事が必要です。
クレジットカードに旅行に関する保険が付帯している事がありますが、それ以外にも加入しておくといざと言う時に役立ちます。

例えばある保険会社では航空便遅延費用補償特約と言う特約があります。
これは搭乗予定の飛行機が出航予定から4時間以上遅れた場合や欠航になった時などに負担した費用を補償するものです。

この時に負担した費用とは、食事代金や宿泊費用などの事を指し、金額は最大で1万円程度な事が多くあります。
航空券の代金に対しては適用されない事があるので注意が必要です。


航空チケットの代金には適用されない

これらの保険の特約に関しては、格安航空券の航空チケットを含めてその料金は戻ってこない事がほとんどです。
保険の補償内容は、あくまでも飛行機が飛ばなかった時の宿泊費や食事代を負担すると言うものなので、この点についてははっきりと認識しておく必要があります。

航空チケットの代金は払い戻しの手続きをすれば航空会社から払い戻しがありますし、遅延の場合でも振り替え便などが航空会社の責任によって手配される事になります。

こうした保険に加入する方法とは

遅延や欠航も含めて保険に入るには、当該の保険会社で申し込みが必要になります。
ここで気を付けなければならないのは、遅延や欠航補償だけでは保険に加入は出来ないと言う点です。

こうした特約が付いているセットを選ぶ事で加入出来ますので、航空チケットを選ぶ時には良く見る事が必要になります。

lccの注意点と仕組みTOP