飛行機が欠航になった場合の航空チケットの行方

飛行機は時と場合によっては欠航する事があります。
これは格安航空券を利用している時でも起こり得る事で、格安航空券だから欠航になりやすいとか、そういった不公平な事もありません。

飛行機が何らかの理由によって欠航になるので欠航した場合は手持ちの航空チケットがどうなるのか心配になるでしょう。
欠航時にはどうしたら良いのでしょうか。

欠航の原因を調べる

欠航した時は自分が持っている航空チケットがどうなるのか心配になります。
しかし、心配してばかりいては航空チケットはどうなる事もありませんので、なぜ欠航したのかを調べる必要があります。

欠航には大きくわけて機体のトラブルなどによる航空会社の都合と、天候や鳥がエンジンに入ったなどの不可抗力によるものがあります。

どちらの場合も欠航する事には代わりないのですが、これらの理由によっては航空チケットの行方は変化して行きます。


航空会社の都合の欠航の場合

航空会社の都合による欠航の場合は、返金や搭乗する便の振り替えが行われます。
つまり航空チケットは無駄にはならない可能性の方が大きいのです。

別の便で目的地まで行けるか、お金と言う形で戻って来るかの違いこそありますが、航空チケットを無駄にする事なく利用する事が出来ます。

不可抗力による欠航の場合

飛行機に限らず、電車などでも天候による欠航や運休はあるものです。
こうした場合は、航空チケットはどうしても当日に利用する事が難しくなります。

例えば台風などで欠航になった場合は、台風が通り過ぎるまで待たなくてはなりませんし、手持ちの航空チケットが使えるのは後日となってしまいます。

欠航した場合の航空チケットの行方のまとめ

航空チケットは万一欠航になったとしても、その原因によっては無駄にする事なく利用する事が出来ます。
航空会社に原因がある場合と不可抗力による場合では、対応が違ってきますが、航空チケットが紙切れになってしまう可能性はどちらの場合も比較的少ないと言えます。

lccの注意点と仕組みTOP