ピーチでは赤ちゃんの席も搭乗券の購入が必要?

赤ちゃんが一緒の旅行や里帰りは、移動に関して色々と心配事がつきものです。また、長時間の車移動は、赤ちゃんへのストレスが心配でもありますよね。

目的地まで飛行機での移動だったら、短時間で到着し赤ちゃんへのストレスも少なくて済みます。

搭乗には赤ちゃんの年齢や月齢によって条件が異なります

ピーチの飛行機は、生後8日以上の赤ちゃんから利用することができます。大人1人につき、生後8日から2歳未満の幼児は2人まで一緒に乗ることができます。

2歳未満の赤ちゃんが座席を利用しない場合は、大人の膝の上に乗せて座ることができますが、膝に座れる赤ちゃんは1人までとなっています。この場合搭乗券の購入は必要ありません。

座席を利用する場合は、赤ちゃんでも大人と同じ金額の航空券が必要となります。安定飛行中にはチャイルドシートは必要ありませんが、シートベルトのサインが点灯している時は、チャイルドシートの使用か大人の膝の上に座ることが条件となっています。

2歳から11歳のお子様は、座席は一人で座ることとなるために、大人と同じく航空券の購入が必要になってきます。チャイルドシートは任意の使用となっています。

チャイルドシートは貸してくれる?

ピーチでは、チャイルドシートの貸し出しが行われていません。チャイルドシートを使用したい場合は、自分で用意する必要があります。持ち込みできるチャイルドシートには、条件がありますので注意が必要です。

ブースタータイプ、背もたれ付きブースタータイプ、ベスト・ハーネスタイプ、膝固定タイプのチャイルドシートに加え、機内の2点式シートベルトの座席に設置ができないチャイルドシートは使用することができませんので、受託手荷物として預けることになります。

その際は、無料で預けることができます。用意したチャイルドシートは、手荷物許容量内には含まれず無料で持ち込むことができます。また、優先的に搭乗することができますが、チャイルドシートの設置は自分で行う必要があります。チャイルドシートを使用する場合には、赤ちゃんであっても大人と同額の搭乗券の購入が必要です。

赤ちゃんでも条件によって大人と同額の搭乗券が必要

ピーチでは、大人の膝の上に座る2歳未満の場合を除き、大人と同額の搭乗券の購入が必要なっています。座席に座る場合でチャイルドシートを利用したい時は、使用できるチャイルドシートの条件がありますので事前に確認が必要です。

ピーチ 購入

関連記事:

lccの注意点と仕組みTOP