Lccの仕組みとそれを利用する際の注意点

最近では、lccを利用する人も増えてきましたが、まだその中身をよくわかっていないという方も多いです。そこで、ここでは、lccの仕組みとlccを使う際の注意点について見ていきたいと思います。

lccはどうして安くできるの?!その仕組みとは

どうしてlccは安くできるのか、どういう仕組みになっているのかと考える方は多いと思います。その仕組みは、簡単に言えば、色々な所で簡素化が行われているということです。

まずはサービスですが、予約の時点でそれが始まっており、基本的に、インターネット予約ですから、ご自身で手続きをしなければいけません。それができないという場合はサービスセンターも用意されていますが、通常これを利用した予約は有料となります。

他にも、機内のサービスも簡素化しており、飲食物はすべて有料となっています。また、座席の感覚も狭めて、大手航空会社の飛行機よりも座席数を多くして、1機に多くの乗客が乗れるようにしています。

そして、実は飛行機には色々種類があり、その種類によって操縦免許も異なります。ですから、飛行機は1種類に統一することで、パイロットの試験費用やその教育費などもカットできると同時に、機種ごとの知識に長けた整備士を雇う必要がなく、人件費を色々な面からカットしているのです。こういった努力によってlccは成り立っています。

lccを利用する際に注意すべき点を紹介

そんなlccを利用する際の注意点はいくつかあります。まずは、無駄なコストがかからないようにするということです。先述したように、インターネット予約以外は有料となる所が多いので、それができるようにすることがまず第1歩です。

そして、航空券自体の値段だけではなく、交通費に関してもきちんと計算しましょう。というのも、lccは、人気の空港を使わないことによってコストダウンが可能となっています。皆さんもなぜlccはなかなか羽田空港を使ってくれないのかと思うかもしれませんが、これもlccの仕組みの内なのです。

この場合、成田空港や茨城空港に行くことが多いのですが、自宅からそこまでの往復交通費もしっかり計算してください。それを購入しようとしている航空券に計上してもまだお得であれば良いですが、そうではないこともあるので、目先の数字だけにとらわれないようにしましょう。

さらに、預け荷物がある場合、これは、予約時に申請しなければいけない航空会社も多々あり、出発当日に空港で預けるとなると、割り増しされた料金を払うことがあるので、できるだけ預け荷物も減らし、手荷物も少なくしましょう。

航空チケットの基本的な仕組みについて

航空券は単純に乗りたい区間の予約をして、その便に乗ると言うのが基本的なルールです。
しかし、1区間だけでは無くて複数の区間を移動したい時や、予約の変更をしたい時、チケットの払い戻しをしたい時には、詳しい仕組みを知らないと混乱する事があります。

格安航空券を含めて航空券についての基本的なしくみはどうなっているのでしょうか。

航空チケットは基本的には予約制

航空チケットは出発地点から到着地点まで移動するためには必要なチケットで、通常の場合は、予約を入れてからチケットが発行されます。
原則としては、航空チケットは搭乗予定の便の予約が記載してあります。

そして、その予約をしてある搭乗予定便に限って有効で、それ以外の航空チケットには特に何ら有効性はありません。

原則としては予約制ですが、場合によっては予約されていない航空チケットも存在しています。
この予約されていない航空チケットの事をオープンチケットと言います。
主に、国内線ではオープンチケットは例外的な存在ですが、種類としては存在しています。


航空チケットの予約はいつから出来るのでしょうか

国内線の航空チケットは予約開始になる日時が決まっています。
原則としては、搭乗予定日の2ケ月前の午前9時30分からとなっています。
ですが航空会社によっては例外があります。

例えば、ANAの旅割り75の場合は、この原則よりも早い75日前からの予約が出来る割引運賃です。
たまにこうした例外がありますが、おおよそ2ケ月前から予約が出来ると覚えておけば問題無いでしょう。

また、格安航空会社のLCC各社では2ケ月よりも前に予約を開始する事があります。

航空チケットの値段は時期で変動します

航空チケットはそもそも、通常の時期と、繁忙期では航空チケットそのものの通常運賃が変動します。
繁忙期の方が高くなるもので、大型連休の前後やお正月やお盆、夏休み期間などもこれに含まれます。
普通運賃自体が高くなるので、割引が適用になっても通常の時期の割引チケットの金額に比べると高くなります。

航空チケットの購入期限はあるのでしょうか

航空チケットは通常なら予約した後、クレジットカードで決済をしたり、一定期日までに購入する事が一般的です。
近年では予約と同時にクレジットカードで決済をする事が多いと思いますが、場合によっては予約当日から4日程度の間に購入しなければ、予約が取り消しになる事があります。

予約が取り消しになってしまうと、いくら後から購入する意思があると言っても無効になりますので、必ず指定された日までに購入手続きをする事が大切です。

航空チケットには有効期限はあるのでしょうか

航空チケットそのものは、予約をしている便だけに有効で、その期限は出発時刻前までです。
予約を変更する場合は、予約している便の出発時刻前までに変更の手続きをしなければなりません。

この手続きがスムーズに行けば予約変更後の便に乗る事が出来るようになります。
一般的には、最初に予約した日から90日以内の便に限定されている事が多くあります。
また、予約されていないオープンチケットの場合は、発行日から90日間が有効期限になります。

航空チケットは払い戻しは出来るのでしょうか

格安航空券を含めて、予約していた航空チケットの便が出発してしまい、乗り遅れた時に行うのが払い戻しです。
飛行機に乗り遅れた場合は、航空チケットの予約の変更などは一切できませんので、払い戻しをしなkれば航空チケット代金はそのまま戻ってこない事になります。

多くの場合、払い戻しの期間は飛行機が出発してから10日以内になっています。

航空チケットの基本的な仕組みについてのまとめ

航空チケットは、飛行機に乗るための大切な切符です。
基本的には予約制で、およそ出発予定日の2ケ月前から予約する事が出来ます。
早目に予約をしておく事で、確実に座席を確保する事が出来る他、各種割引制度も利用出来るようになります。

また航空チケットは予約しただけでは無く、指定された期日までに購入手続きをしなければなりません。
その期日を過ぎてしまうと予約自体が無効になってしまいますので、この購入期日は必ず守る必要があります。

航空チケットは格安 航空券を含めて、万一乗り遅れてしまった時には払い戻しをする事が出来ます。
しかし手数料がかかる他、乗り遅れた日から10日以内に申し出ないと無効になる事から、出来るだけ早めの行動が求められます。